2009年8月23日日曜日

鯛のあら炊き暇人風

8月23日

きのう妻が鯛のあらをもらってきた
あらなんで ほとんど下処理はいらん
熱湯をかけて汚れや 余分な鱗を落とす




ごぼうがありました
ステンレスたわしでこすれば
土も皮もきれいにとれる
アルミホイルをクシャクシャにしてこすってもええです

4~5㎝程の長さにそろえ
太ければ半割りする
鯛の臭みを軽減し ゴボウもおいしい


日本酒200CCを沸騰させ 砂糖おおさじ3ほど入れる
鍋にゴボウを敷く できるだけ鯛が重ならんように並べる
うろこ側がうえになるよう並べ
酒と砂糖だけで煮る 鯛が白くなってきたら
醤油 みりん同量 50ccを加え 強火で煮る






リードクッキングペーパを使い 落としぶた代わりに
ペーパーの毛細管現象が材料全体に煮汁がゆきわたる
これは他の煮物にも応用できる

煮汁が少なくなってきたら
ペーパーを取り除き 鍋を傾け
お玉で煮汁をすくい 鯛に回しかける
好みの濃さになればできあがり
木の芽などがあれば 添えてお皿に盛る

2 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

おはようございます

おいしそうに出来るんですね

こちらでも買って作りたくなりました

匿名 さんのコメント...

暇人さん、こんにちは。

スーパーなどの鮮魚売り場では、”かま”や”あら”を随分と安くパック詰めして並べてありますね。
2キロくらいの天然物の真鯛のあらも、2~300円ほどで並んでます。
実は非常に美味しい部分ですが、若い主婦などは見た目で引いてしまい手が伸びないのかも知れません。
私は釣りキチですので、釣った黒鯛(チヌ)の身をとった後のあらを、やはりよくゴボウで炊きました。チヌの脂が煮汁に浮いて、それはもう格別のものですね。
最後に残るのはバラバラになった頭蓋骨だけです(笑)。

      ヨッシー