2009年9月26日土曜日

高速道路¥1000なんか くそそらえ

9月25日
シルバーウイークとやらもやっと終わり
連休中も仕事やった妻と温泉へ
いつものように人混みを避けて大台の
フォレストピア宮川荘」へ


高速道路のETC車¥1000の恩恵には
絶対あやかれん宿命なんでこんな制度も
民主党の段階的無料化にも
絶対 ハンタ~イ!!

往路は伊勢道を使い大台ICまで1時間くらい
下におりて国道県道で目的地へICから
20分ほどでつく 11時の営業開始10分前に着いた
天気も良く汗ばむほど
文字通り青い空に白い雲です



開店まで少し待った、開始と共に
待っていた人がゾロゾロと 男女併せて10人ほど
いつもどおり奥ちゃんと時間を合わせて
男湯女湯へ
今日も入浴している方々は60代後半から80歳代か
ワシより高齢の方ばかりやわ

昨日の夜「日本茶」を飲んだらなんやら眠れんかった
寝不足
温泉につかり気分もよ~なったんで 浴槽の縁に
おチンチン丸出しで
寝転がり少し寝てしもた
(寝込んでおっても怒られんほどすいている)

気がつけば一緒に入浴していたオッサンらはもうおらんかった
そこで事件が
寝ていて気がつかんかったんやろけど
新たに一人のオッサンが入ってきていた
誠に気の毒なんやが、ご病気か精神的な障害で
体が不自由と見受けられた
行動も奇妙ですねん

浴室内の壁やあちらこちらを叩いてまわる
歩行もあぶなっかしくてハラハラする
オイオイ このオッサンとワシを置いて
他のオッサンは退散したらしい

コマッタ コマッタ
このオッサンを置いて出ていって
ダイジョウブなんかいな?

それでも体を洗い始めたんで
ワシもこの隙に~
いつもより入浴時間は短かったけど
着替えて湯上がりどころへ

ポカリを飲んで奥ちゃんが上がってくるのを待っておった
そこへ かの オッサンの家族らしき女性が現れ
男湯を覗いていた かのオッサンも更衣室におった
例によりあちこちを叩き周り ドンドン ガンガン
ロッカーやらゴミ箱かな 賑やかに音を立てておったんで
無事「入浴」も終わられたんやと ひとあんしん
ああ~しんど



ほんで~ お風呂も終わりまして
野菜を仕入れに いつもの丹生へ
ふれあいの里 は秋の味覚がいっぱいでした


やっぱり目を引くのが山と積まれた 栗ですわ
栗は食うのに面倒なんでチト 遠慮




じゃがいも サツマイモ ピーマン 里芋
みょうが トマト ぎんなん こんにゃく
¥100~300くらいで売っている
こんだけ買って¥1700でした


腹も減ったんで玉城町 ふるさと工房アグリへ
地元の農産品や花などが販売されている
それと絶対 「玉城豚」(たまきぶた)これがうまい
かならず買って帰ります

となりには 「ふれあいの館」という温泉館
弘法温泉アスピア玉城として親しまれているが
浴槽が狭く すし詰め状態なんで
一回いって それっきりです


ここでのお目当ては
「玉城豚」 国内の食用豚の大会でも評価が高いもの
その豚肉を使ったとんかつやしゃぶしゃぶ バーベキューがうまい

奥ちゃんはカツカレー      ¥680 
ワシはロースカツ特大定食   ¥1320
カレールウも手作りに拘り 非常にスパイシー
豚骨からとったスープとあわせ ひと味違うんですわ



ふつうのロースカツ定食は肉も小さく薄いけど
特大はその名の通り「特大」



250gはゆうにあろう たたずまい
分厚くともやわらかく あふれる肉汁はとろりとあまい
脂身のあまさ 尋常でない
機会があればゼヒ お試しを!
満腹で家路につきました



家では今日買ってきたピーマンと里芋をさっそく夕食へ
ピーマンは油で炒めて 「創味のつゆ」をまとわせませす

里芋は小ぶりの物を選び よく洗う
風味を逃さないために「蒸す」
串などを刺して スッと通ればOK
軽く指で押さえれば ツルンと皮がむける
芋がどっかへ飛んでいかんよう気いつけなはれ

高級料亭でこの時期よく出される
「きぬかつぎ」や
塩やごま塩なんかチョットつけてめしあがれ
う~まいでっせ

2 件のコメント:

一休 さんのコメント...

 高速道路の無料化どんな状況になるのでしょうか?
賢く使って十分価値あるものにしたいところです。
 「玉城豚のトンカツ定食」美味しそうですね。でもボリュームが有りそう。帰りにパックでも頂きお土産にという感じですね。
 信州にも日帰り温泉、道の駅など各所にできておりご当地の美味いもの特産品などが手軽な値段で購入できるようになっており旅先での楽しみの一つです。

のほほん さんのコメント...

気分転換の温泉ドライブ

奥さんと同じ趣向でいいですね我が家はお風呂めぐりは行きません

おいしいものを仕入れに行くのも楽しそうですね