2012年4月29日日曜日

海苔の佃煮に挑戦

冷凍庫で長く眠っていた 海苔

妻のアドバイスで 海苔の佃煮を作ることにした

手で細かくちぎり 溶けやすくする

今回はだし汁に海苔を加えて 

みりん しょう油 砂糖 で自分の好みに調整していく

市販の「のり佃煮」は三重県特産の「ひとえぐさ」 通称 あおさを使用している

あおさの養殖風景は志摩の風物詩

毎年1月から5月にかけて 数回に分け収穫される

海苔をちぎり 小さくする
冷凍保存している生シイタケ
数倍味が濃くなっている


海苔とともに煮込む
我が家好みに味付けしていくので
細かい材料のレシピは苦手

要は 自分たちが食べて「うまい」と思えばそれでいいこと
佃煮や煮込みものには「たまり」をよくつかう
独特のとろみと 甘みのある仕上がりに満足

しばらく わが家の食卓を賑わす一品となってくれそうだ

2 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

流石!

志摩人さんです

見るからにおいしそうです

Success403 さんのコメント...

まだ 海苔の香りが残っていて
市販品にはない味わいです
リユースでもう一品 いいですよ