2011年4月24日日曜日

放射能はほんとうに怖いのか? 闇鍋の放射線


大きな地図で見る

自問自答

震災以来東電の「福島第一原発」の事故の模様が連日報道されておる
世界で唯一の「原子爆弾被災国」である
国民が過敏に反応したことは
周知のことだ

では
「放射能 放射線」とは何ぞや?
との疑問がつきまとう
専門学者を含めどれほどの日本人が
どれだけ正確に理解しているのかは疑問だ

能とは あたう よくするともいい
放射能の場合
放射線を発することを あたう=可能であるになる

NHKをはじめ各マスコミがこぞって
この「わからんもん」の報道をする
まるで「闇鍋」をつつきあい
国民をないがしろのまま
ああだ こうだと 宣い続けておる

「放射線の危険性」=ガンになる
不確定な将来の予測に基づいて話が先走る
そんなら
ガンの「放射線治療」は何なんだ?
毒で毒を制するか
いい放射線と 悪い放射線があるのだろうな


将来がみえないから「不安が募る」
ここで「政治」が大きな役割を果たすと信じる
国民に道筋と明るい展望を抱かせること
またその努力 叡智の積み重ねが
「日本の将来」をかたちづくる

すべてが「想定外 未曾有」の災害
長く続いた「自民党政権」のつけが
菅政権に押し付けられている

道を誤らず対処すべきだろう
震災以後 野党の動きが全く報道されない
これもマスゴミの弊害か

2 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

こんにちは

この時期、野党は与党のやることを見てたおすことばかり考えているのでしょうか

国民はしっかり判断してほしいですね

暇人 さんのコメント...

マスコミは「野党」の動きを全く報道しませんね
何を考え どうしたいのか どうするべきなのか
国民に問う 姿勢の微塵も見せません
あまりにも 無責任です!