2011年4月23日土曜日

「おじくそ」 な息子 余震は続く

4月23日

東北、関東ではまだまだ余震が続いているらしい
京都から単身赴任の息子 住まいは浦安市
液状化現象の激しいところだという

「おじくそ」の息子
三重県ではよく使われ 和歌山県でも使われるそうだが
「おじけづく+くそったれ」の短縮型か?
志摩地方でも「怖がり」「いくじなし」の意味で言われる
幼い頃「暗いところ」が怖かった
地震もそうだろう

余震が来るたびに怖気付いているのだろうか
子供たちも事故無く生活できることを願うばかり

今夜はワシが休みのこともあり
自分が食べたいものを用意する
無性に「大豆」が食べたくなり
ポークビーンズにした

サラダは「春キャベツと新たまねぎ」
ドレッシングは 中華風でスパイスを効かし
少し辛めに設定した
マックスバリュー鵜方店で刺身の切れ端
「刺身くず」を入手
づけダレを造り 少し柚を効かせておいた
わさびをつけて 酒のツマミには最高

あとは庭の隅に自家生えした「ニラ」を使い
ニラ玉でもするか

残り飯で「天津飯」を考えておる
まとまりのない献立だが
食べたいものを食べる 食べられる
この幸せに 感謝!!

4 件のコメント:

oshamoji さんのコメント...

美味しそうですねー(☆▽☆)
こちらでは、「恐がり」のことを、「おじみそ」といいます。なんか、似てるような似てないような・・・。
余震が早くおさまるといいですね。

暇人 さんのコメント...

oshamojiさん
ありがとうございます
「おじくそ」と「おじみそ」は同義語だとおもわれます
その地方 地方で言い方も変わるんでしょうね
余震は復興への「足かせ」になります
原子炉 余震の収束を願ってやみません

のほほん さんのコメント...

こんにちは

桜が満開の長岡、今日はあいにくの雨明日も予報は悪い

せっかくの花見を予定していた人はかわいそうです

関東地方の余震は本当に今回は長くてかわいそうです

浦安にお住まいの息子さん、テレビで何度も液状化現象の被害の惨状を見ています、早い終息を願っています

暇人 さんのコメント...

のほほんさん
おはようございます
いつ 収束するかわかりませんが
希望は持ちたいですね

火山やその他の地域の地震活動も誘発され
不安定だそうです