2012年2月19日日曜日

鳥の水炊き ただ今準備中

2月19日

志摩地方は朝からいい天気
だが 気温は低い

きのうの「茶わん蒸し」も好評だった
おかずとしての機能を備えさせるため
通常の量の2~3倍はあろうかと思われる
大きめのスープカップに具材を入れ
たまご汁を張った


きょうは「鳥の水炊き」
スープがいのちの鍋料理でもある
昆布と干ししいたけで出汁をひく
それとは別に 鶏手羽元とニンニク しょうがでも出汁をひく

鶏手羽元は出刃包丁の背で骨を砕いておく
しっかり骨の髄を抽出するためだ
約1時間ほどじっくり煮こむか圧力鍋で10分ほど煮込みスープを取る
昆布だしと鶏スープをあわせて煮込み
丹念にアクを取る これが肝心
きれいに澄んだスープができた
手羽元もほぐれて ホロホロの状態になる

今夜妻が帰宅する前 鳥ぶつ切り肉を熱湯で処理
白菜の芯の部分と共に煮こみ準備が完了する
また 夕食準備の時
写真撮影し 日記に書きこむことにする
それまで スープはお休みをいただく

0 件のコメント: