2009年4月29日水曜日

防虫剤を作る

4月29日
本日志摩地方は
少し風はあるが朝から良い天気だ
バラに虫が付いて、つぼみの横から穴を開け食い荒らす奴がいる
誠に腹立たしい存在や
なんかええ方法は無いもんやろかと
ネットで調べてみる

「ニンニクと唐辛子液」や
「ストチュウ」という食品や野草などで作る防虫剤があるという
無農薬で虫退治のHPを参考に
焼酎に食酢 鷹の爪、ニンニク、よもぎなどを加え
2~3日漬け込む
それを100倍程度に希釈し、スプレーで散布するとあった

物は試しと早速作ってみた
焼酎 食酢各100cc
鷹の爪 辛い種が効果があるらしい
ニンニク 2かけ
ヨモギの葉? そこら辺に生えている物

漬け込んで3日、
ふたを開けると強烈なニンニク臭と
なんとも表現しがたい辛い臭いもある

やく100倍に薄め、別のスプレー容器に移し
バラや野菜の苗に散布してみる





週に2~3回ほど散布するとある
被害の多いバラに散布した
野菜の苗たちにも振りまいておく



効果のほどはどう出ますか?
散布していて飛沫が顔にかかる
とてつもなく辛い、唇がひりひりする感じ
虫にもこの辛さや臭いが効果あるんやろか?

別の処方を見ると 木酢液や竹酢液を入れてもよいと書いてあるが
よ~わからん

昔 EM菌備長炭 電子水などに手を染めたこともあるが
ニセ科学」にもあるようにその効果は判然とはしないもの
どっちもどっちもで
「信じる物こそ救われる」

今回の防虫剤もどんな結果になりますやら?

0 件のコメント: