2009年3月4日水曜日

嫁ぐ日をまえに

3月3日
娘からメールが来た
披露宴のエンドロールで使うのか 
生まれてから今までの写真を送って欲しいと
幼い頃からのアルバムを引っ張り出してきた
写真の一枚一枚に当時の想い出がよみがえってくる


娘に送る写真を選ぶ手が止まってしまう
ああ あの時は・・・
ええ こんなことも?
おいらも おかんも 若いな~
母子手帳に書かれた出生時の身長 体重
おおきなったんや


肝心の写真を選ぶのがおろそかになってしまう
それでも何とか10枚ほど選び出した
スキャナーで取り込み 修正や余分な部分の切り抜きをする


選び出した写真を家族共有のWEB上のアルバムにアップロードする
世界中どこにいても アルバムにアクセスすれば 見ることができる


楽しいはずの作業にも こみあげてくるもの
去来します

3 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

だんだん当日が迫ってきますね、ひとつづつスケヂュールをこなしていくうちに来てしまうのでしょう当日が。
暇人さんは手紙などを読まれたら、涙ウルウルになってしまいそうですね、今から涙腺が弱くなっているようなので大変です。息子の時と娘の時は全然違いますか?

匿名 さんのコメント...

暇人さん、こんばんは^^

本当に去来することばかりでしょうね。
写真の娘さんが、もう嫁ぐだなんて・・。
写真のスライドショーは、想い出一杯に
胸が痛むでしょうね。
5月の式まで、たくさんの想い出を
楽しんでくださいね♪

PU

匿名 さんのコメント...

こんにちは。

お嬢様、嫁がれるのですね。
私も人並みの人生を歩んでおれば、
嫁がせる娘が居るくらいの歳になりました。

愛しんできた我が子を他所に出す父親の心情、こんな私にも察することが出来ます。

御幸せになられること、祈っております。

       ヨッシー