2009年10月18日日曜日

もう一足伸ばして 平等院鳳凰堂へ

10月16日


寿長生の郷からもう少し足を伸ばして
京都宇治の平等院鳳凰堂へ行くことにした
京滋バイパス笠取ICから宇治ICへ
平等院までは20分ほどで到着

10円玉の図柄ではお馴染みだが

実際目にするのははじめて



右翼廊 中堂 左翼廊 さらに尾廊と

当時の人が「鳳凰が飛び立つ」その姿を形にしたのだろう



思い描いていた色鮮やかで華麗ないでたちは

1000年の風雪と共に消え去ったが

当時は朱塗りで壮麗 華美を誇ったのだろう



水面に映るその姿は今も変わらない

この池も当時は相当な大きさがあったそうで 

周りの山々や 川を借景としてうつくしいすがたで

圧倒していただろう事は想像できる








今回は帰りの時間との関わりもあり

ゆっくり「宇治茶」など見て回る余裕がなかったが

時をあらため訪問することにしよう



新名神ができ 1号線の鈴鹿越えをしなくてよくなった

高速道路の整備は「目的地が通過点」になる危険性があり

便利さにさびれてゆく地方も多いという




動画です

http://www.youtube.com/watch?v=NpzSf_WnyXo


平等院鳳凰堂

1 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

相変わらずきれいな姿ですね

こんな形を設計した人はかなり進歩的な建築家だったのだろうか