2009年1月12日月曜日

的矢湾大橋と的矢牡蠣



1月11日 天気はいいが風が強い 朝はよく冷え氷が張った
昼前 車のエンジンの調子を見ながら パールロード方面へ走る 
志摩市的矢と坂崎の間に架かる橋だ 赤いアーチ橋 
パールロードは鳥羽と志摩を結ぶ観光道路で
開通当初は有料道路だった 
2年前全線無料化となった が 
志摩地方への観光客の減少と共に利用客も少ない

写真手前坂崎地区は志摩スペイン村があるところ
http://www.parque-net.com/
 近鉄が数回てこ入れして
入場者を喚起しようとしているが 年々尻すぼみは痛ましい
オープン当初は志摩地方の道路がマヒするほどの盛況だったのが 
今は昔の物語
原因はたくさんあるのだろうが 
東京ディズニーランドと比較され 
稚拙さにあきられたのかもしれない 
三重県と気候風土が良く似た
スペインの文化歴史 芸術 音楽 などを紹介する
屋外博物館として建設されたもの
アトラクションばかりに目が行き 
博物館としての本来の趣旨を理解されていないのは
スペイン村自体の努力が足りないのかも知れない
今年正月三箇日の入場者は33000人?




的矢牡蠣で有名なこの地区は 冬の間牡蠣好き人間が訪れる

浦村牡蠣鳥羽市の南 浦村地区からパールロード沿線の入江は牡蠣の産地
浦村地区は牡蠣食べ放題の看板が沿線上に並ぶ 
3月までの風物詩になりつつある


的矢牡蠣と浦村牡蠣の違い

「佐藤養殖場」が三重県ブランドの認定を受け
的矢牡蠣として市場に出まわるが
品質維持のため 生産量が守られている

志摩ロイヤルホテルの交差点を的矢に降りたところに
的矢牡蠣発祥の地 「佐藤養蠣研究所」がある
日本の牡蠣養殖のパイオニア
「日本の養殖牡蠣」の原点がここにある佐藤博士が研究の結果今の清浄無菌カキが生産され
今日に至る事実は知る人も少ない



的矢牡蠣に
食べ放題はない
浦村牡蠣と混同しないこと

佐藤養殖場のみに許された名前であることを知って欲しい
当然 価格も浦村牡蠣とは数倍の差があり
東京などで食べれば5個で数千円はする
的矢牡蠣のフルコースはあるが
食べ放題はない
ただ年に一度だけ
「的矢牡蠣感謝祭」が行われる





的矢湾内は牡蠣養殖のいかだと 
あおさのりの網が水面に模様を造っている

0 件のコメント: