2012年12月19日水曜日

里芋団子と蕪蒸し

先日妻の実家へ義父母の様子うかがいに出かけた

愛知県愛西市である

義父92歳 義母88歳という 身体的には元気だが

年齢に伴う認知症は現れているようだ


帰り際 義理の姉夫婦からたくさんの野菜を頂戴してきた

里芋 蕪 大根 水菜の苗など



本日は仕事も朝の迎えだけであったので時間がある





里芋団子と蕪蒸しを作ってみよう

里芋は蒸して皮を剥き よく練り合わせておく

粘りが出るまで よく捏ねること

作りおきの肉味噌を活用する えのき茸の細切れとあわせて

団子の「餡」をつくる

ラップに里芋を広げ 餡を乗せ つつむ

整形して 油であげておく 軽く焦げ目が付けば良い

後は「銀あんやべっ甲餡」をかけ 熱々のうちにいただく







蕪蒸し

蕪はすりおろし 軽く水分を切っておく

今日は材料にむきえびと鱈の切り身を使うことにする

卵1個を用意し 卵黄と白身に分けておく

エビと鱈は湯引きして 水分を取っておく

卵黄に小さじ1程度の醤油を加え エビと鱈をまぜる


卵白は泡だて メレンゲをつくる

すり下ろした蕪とメレンゲを手で優しく混ぜ合わせる

器にエビと鱈を盛り メレンゲと合わせた蕪をコンモリと盛る

ラップを被せ 蒸し器で7~8分蒸し上げる

メレンゲの感触が命なので つぶさないよう気をつける




好みの餡を張り

あつあつを その触感とともに味わう

0 件のコメント: