2011年7月30日土曜日

ウナギもどきをつくる

7月30日

志摩地方もはっきりせん天気で
蒸し暑い!
通り雨も時折やってくる
報道では新潟 福島あたりが豪雨だという
大きな被害も出ておるようだ
最小限で収まりますよう 天地に祈る

今年は土用の丑の日も ウナギなし
やせ我慢ではないが 食べなかった
そんでもって 
本日 精進料理の「ウナギもどき」を作ってみた

材料
豆腐 山の芋 片栗粉 巻き寿司用のり

豆腐は水切りし 山芋はすりおろし あれば竹輪など つなぎに片栗粉
フードプロセッサーで ビュイーん
海苔に片栗粉をまき 接着剤代わりとする

海苔の上に混ぜあわせたものを塗り
うなぎの大きさに切っておいてもよし

油でカリッとするまで揚げる
フライパンで焼いてもいい





醤油 みりん さとうを煮詰めてうなぎのタレを作り
「ウナギもどき」に塗れば出来上がり
もう少し とうふの混ぜものを分厚く塗ればよかったか?
なんとなく 「うなぎ」らしく見えなくもないので 
初めてにしては上出来としておこう

粉山椒をふり 今夜の酒のツマミの一つとする
材料費おおよそ100円
ゴチである

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はい、これいただきです。
材料は冷蔵庫にあります。

何を食わせて養殖したのかも分からん中国産のうなぎを食うなら、こちらの「もどき」のほうが気分的にも箸が進みそうです。

あ、冷蔵庫の豆腐、絹でした。
綿を買ってこなくちゃ。

ヨッシー

のほほん さんのコメント...

今晩は!

これは良いですね

ウナギを今日買おうとしたが高すぎでやめました

暇人 さんのコメント...

ヨッシーさん のほほんさん
ありがとう

この「もどき」 
精進料理として昔からあるそうです
主材料は とうふ じゃがいも レンコンなど
澱粉を多く含むものが使われておるようです
妻の評価も悪くなかったので
これからも酒の肴として 生き残れそうです
なにより安くできるのがありがたいですね