2010年12月5日日曜日

この一週間・・・



12月5日

しばらくこの日記も更新できんかった
所属する公益法人の仕事に追われた
覚悟はしていたが老いと 病とでお二人の”死”に伴う手続きや葬送を行った

お一人は90歳のご高齢で もう一人はガンで亡くなられた
ご兄弟や親類縁者がすでに他界されていたり
訳あって縁を切られていたり
わが組織を頼られる経緯は様々だ

独居老人の孤独死が取り沙汰される現代
”死”を通して考えさせられ
どう向き合うのか思いを巡らす一週間だった

2 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

たいへんな仕事なのですね

誰かがしなければならないこと、考えさせられてしまいますね

匿名 さんのコメント...

こんにちは
ほぼ確実に独居老人となる私ですが、自活出来なくなってから死ぬまでを、どのように過ごすか常に考えてます。
これからの日本は私のような人間が異常に増えて社会の大きな問題になってゆくものと想像します。
近未来社会の「課題」にはなっても極力「負担」にはならない様、元気なうちから準備をしなくてはなりませんね。
日本ライフのHPを少し見ました。これからはこういった組織団体が増えてゆくのでしょうね。同時に悪徳業者も蔓延るでしょうから清濁判別する目も重要ですね。
尊いお仕事、ご苦労様です。
ヨッシー