2011年6月16日木曜日

山椒あれこれ

6月16日

きょうも雨模様だ
数年前、あるところで「山椒の木」を買ってきた
その当時は背丈10センチほどのものやったが
その木も大きく成長し 1メートル近くになった

今年はやっと実をつけ少し収穫ができた


昨年京都の錦市場で妻が買い求めたものは塩漬けにしてある
魚の煮付けや 佃煮作りに小出しで使っておる
新芽と実を収穫し
早速「山椒と昆布」の佃煮をつくる


爽やかな香りと 口に含むと強烈な痺れ感
おもわず ごはんがすすんでしまう
エノキのはんぱもんが残っていたのでこれも佃煮風に炊いてみた
上干ちりめんと山椒の実の「ちりめん山椒」
京都で買えば 一袋¥1000はする
材料代だけなら¥300ほどで 自分好みのものができる
もう 残り少なくなってきた
キュウリの漬物
めんつゆでサット煮て 黒七味 
仕上げに胡麻油をかるく混ぜてかおりを引き立てる
カリコリと歯応えも良く 適度な辛味と 香りが
酒のつまみや ご飯のお供によく合うのである

2 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

今晩は

山椒の木、自然と生えてきました

今は40cmぐらい、花がつきましたが実は確認していません

山椒の実、本当に口がしびれますね

ほんの少しでも香りが、いいですね

暇人 さんのコメント...

のほほんさん いつもありがとうございます
仕事の都合で お返事遅れますが ご容赦を

山椒の実 用途がたくさんありますね
痺れる感じ 大好きです

ヨッシーさんから
キュウリの佃煮レシピ 教えてもらいました

早速 次の休みの日に試してみます
ありがとう