2016年1月11日月曜日

20数年ぶりの「お正月」

昨年8月 妻が伊勢での勤めを辞めた

「おかげ横丁」に勤務していたので 年越し勤務があった

妻の勤務も 度重なる配置転換や過酷なノルマを課せられ

ほとほと嫌気がさした

そんな職場にオサラバしたのだ

ご苦労様でした

ありがとうございました






今年は20数年ぶりに我が家で「正月」が過ごせた

妻が勤めを辞めたことで 20数年一人ぼっちの正月をしていたワシも

二人で年越しができると期待していた 

そこへ娘夫婦と孫が年末から来てくれることになり

賑やかで幸せに満ちた年末年始となった


孫も3歳となり

なんでも理解できておるようだ

「おじいちゃん おばあちゃん」と話しかけてくれて

それだけでメロメロになってしまうのだ

正月の定番 食事が ひときわ目を引く

冬の牡蠣のガンガン焼き

松阪肉のすき焼きも登場した



孫娘の好きなもの中心に献立が組まれ

大人たちの希望も取り入れられた

元日は雑煮に始まり

近くの神明神社へ初詣 久々に正月らしさを味わうことができた

改めて「ご先祖様」に感謝申し上げ

今年一年 一族の安寧安泰を祈念した

この正月に感謝 

ありがとうございます

2 件のコメント:

荻原則久 さんのコメント...

ikkyuです
20数年ぶりですか?我が家も共働きでしたので良く判ります。
皆さんで新しい正月を迎えられたのですね。やはり正月は全員で迎えるのが良いですね。おとそを頂き昼頃来る年賀状を見て懐かしい友を思いテレビを見て・・・
一年の想いをあれこれ考えて  そんな正月が理想ですね。

志摩日登 さんのコメント...

ikkyuさんお久しぶりです お返事 遅れまして申し訳ございません
おかげさまで人並みのお正月が過ごせたことに感謝しました
家族はありがたいものです