2012年11月28日水曜日

絵に描いた餅を配る人たち 政党乱立



何がなにかさっぱりわからん様相になってきた

政党乱立 野合 解党 離合集散 



民主党 自民党 公明党(創価学会)三大既成政党

これにからむ小さな政党

もう党首の名前すら「マスゴミ」に登場しなくなっていたが

選挙となれば別問題



マニフェスト 政権公約 約束などと 各政党はほざく

自民党の過去の負の遺産を引きずり 

注目を浴びながら登場した民主党も

あえなく 官僚達に翻弄された



くにたみは(国民は)「絵に描いた餅」ばかり食わされて

政党の言う「約束やマニフェスト」には騙されんぞという気概でおる

国民を「放ったらかしにした政党の乱立や野合」

どこまで国民を馬鹿にしら気が済むねん?



選挙期間中は

政治家は政策を語らず 

信頼を勝ち得ることが当選の秘訣!!

政策は当選後語れば良い (ある選挙プランナー談)