2011年3月26日土曜日

IAEAが先頭に立つべき事態だ!!

東京電力や保安院の発表では国民が納得しないレベルまで来ている

現場で原子炉の鎮静化に

命がけで努力されている関係者に

頭がさがる思いで

一刻も早い安定化を望まずにはいられない


テレビをはじめ報道機関は事態の鎮静化はもとより

原子力の実態をも理解せず

数値や現象に終始する

いたずらに数値を操り 

民心を不安に煽る


もう東京電力 原子力保安院は一線から引くべきだ

一企業や国の一機関の発表では納得しない


企業や国の機関が信用されていない現在

IAEA 国際原子力機関

が先頭に立ち事の収拾に当たるべきと考える


諸外国から信用されない「日本国」になりつつある

唯一、誰しもが信用する機関に委ねるべきだと思うのだが

まだ沽券に関わる部分があるのだろうか?